ホームセンター AYAHADIO 人と生活の中に top
人と生活の中に
ストアインフォメーション 住まいのサービス アヤカカード ライフアップガイド 会社案内
ネットショッピングはこちら > 本店 楽天市場店 Yahoo!店

ライフアップガイド HOW TO 百科

HOW TO 百科



ガーデニング屋内の草花の育て方


屋内での草花の育て方は庭とは違います。温度差が激しい窓辺、照り返しや強風が強いベランダ、光が入らず乾燥しやすいリビング。植物を上手に育てていちばん美しい状態を保たせるには?

  ベランダ 窓辺 リビング



土をさわって乾いていたら鉢の底から水が流れるくらいたっぷり与える。春は一日一回。午前10時頃が目安。 温度差が激しいので乾燥していないかチェック。水をやる時は屋外に出してたっぷり与える。 窓辺と同じように屋外に出して鉢の底から水が流れるぐらいたっぷり与える。



最低気温がマイナスにならなければ大丈夫。 最低気温と最高気温の差が25度以下になるよう工夫しましょう。 温度は25度以内で管理する。



草花は最低3時間の光に当てないと育ちが悪くなります。時間帯は五山中がベスト。 昼間の風通しに気をつけること。温度が上がったと思ったら少しの間窓を開けて風を入れます。 できるだけ日の入る窓に近い場所に飾る。午前中は外に出し3時間は日にあてるようにしましょう。




重たい土よりも水はけの良い培養土が向いている。肥料は緩効性肥料を元肥に、追肥は水で薄めた液肥を与えます。追肥の目安は1週間に1度位。 ふさわしい土は培養土。肥料は植え込む際に元肥を入れます。追肥は、花が咲いている間は水を上げる際、一緒に液肥を与えるとベストです。 ふさわしい土は培養土。植え込む際に元肥。追肥は水で薄めた液肥がベストです。





太陽が照り付けている時に水やりをすると根腐れをおこしています。春から夏にかけて、ウッドデッキなどの上に置く。また花は太陽に向かって育つので,時々向きを変えること。
夜間はカーテンだけの場合は寝る前に窓際から離す。窓辺は乾燥しやすい場所なので、それに強い植物を飾るようにします。例えば、蘭は乾燥に強いのでベストです。
草花は温度のメリハリがあるほどきれいに咲きます。室内の場合は、1日3時間は外に出しましょう。リビングに適しているのは日の光が当らなくても育つジャングルに自生している植物です。


サイトマッププライバシーポリシーご利用条件 copyright (c)AYAHADIO 2003