ホームセンター AYAHADIO 人と生活の中に top
人と生活の中に
ストアインフォメーション 住まいのサービス アヤカカード ライフアップガイド 会社案内
ネットショッピングはこちら > 本店 楽天市場店 Yahoo!店

ライフアップガイド HOW TO 百科

HOW TO 百科



ガーデニング切花の水揚げの方法


●切花を美しく保つために
生花の持ちは上手な切り方と断面の保護にかかっています。また、花材によってふさわしい水揚げ方法があります。



水切り ほとんどの花に使える一般的な方法

 移動中乾いたりバクテリアで痛みかけた茎先を切り落とします。できるだけ切れ味のよい刃物を使い斜めに切ると効果的です。



湯揚げ法 キク・スターチス・トルコキキョウ等の茎の太い草花に

湯揚げは花材に刺激を与え同時に切り口を殺菌するのが目的です。花が蒸気で痛まないように新聞紙当で保護し、深さ5〜6cmのお湯(80度)に1〜2分程浸します。




叩き割り法 コデマリやセンリョウ等の固い枝ものに

茎先をレンガ等固いものに乗せ、金づちで叩き割る。茎の先端部分を力いっぱい一撃するのがポイント。何度も繰り返すと組織が傷み思うような効果が得られません。


燃焼法 バラ・テッセン・コチョウラン等木質化した茎に

下葉を丁寧に落とした後、茎先5cm程を赤く焼けて炭化するまでガスの火にかざしてください。炭化のものが焼け落ちたらすかさず水に入れます。


その他 葉が大きく、葉数も多いアジサイやクチナシは逆さ水で花材を逆さに持ち、葉裏から水をたっぷりかけてやる方法。また、キク等は刃物を嫌いますので一気に手折る方法が向いています。


サイトマッププライバシーポリシーご利用条件 copyright (c)AYAHADIO 2003