ホームセンター AYAHADIO 人と生活の中に top
人と生活の中に
ストアインフォメーション 住まいのサービス アヤカカード ライフアップガイド 会社案内
ネットショッピングはこちら > 本店 楽天市場店 Yahoo!店

ライフアップガイド HOW TO 百科 暮らしのワンポイントアドバイス

暮らしのワンポイントアドバイス

シーズン 内容 場所 キーワード



冬の切り花楽しみ術(2) 管理のポイント


切り花も少し手間をかけるだけで、花持ちはずいぶんよくなります。ここでは、切り花の簡単にできるケアのしかたをご紹介しましょう。葉がたくさんついていると、その分、水の蒸散が多くなり植物が疲れるのであらかじめ、余分な葉は取り除いておきます。とくに下葉は水に浸かると腐りやすく、花が早くダメになるので落としておきましょう。植物の切り口から分泌される有機物が、水に溶け出しバクテリアを発生させ、水を腐らせます。これが花をダメにする第一の原因なんです。

水は毎日、新鮮なものと取替えましょう。水替えを怠ると、水が白く濁りだし、あっという間に茎などが変色し、花もしおれてしまいます。ぬめりがあれば必ず洗い流してください。水替えのときに、そのまま切り戻すか、必要なら水切りと同じ要領で処理します。

咲き終わった花やしおれた葉は取り除きます。見た目をよくするだけでなく、次の花の開花を促してくれるのです。置き場所も重要なポイントです。できるだけ直射日光の当たらない場所に置いてください。日が当たると、花瓶の水温があがり、細菌の繁殖につながります。暖房の強い部屋も避けましょう。

また花は乾燥を嫌います。寒くなると乾燥しやすいので水の補給を忘れないようにしましょう。ときどき霧吹きで茎や葉に水をかけてやります。このときには、水を花にはかけないようにしてください。植物は水を葉から蒸散させています。また、水自体も蒸発するので補給を忘れずに。「切り花延命剤」などを使っている場合には、水の補給を忘れがちなのでとくに注意しましょう。


サイトマッププライバシーポリシーご利用条件 copyright (c)AYAHADIO 2003