ホームセンター AYAHADIO 人と生活の中に top
人と生活の中に
ストアインフォメーション 住まいのサービス アヤカカード ライフアップガイド 会社案内
ネットショッピングはこちら > 本店 楽天市場店 Yahoo!店

ライフアップガイド HOW TO 百科 暮らしのワンポイントアドバイス

暮らしのワンポイントアドバイス

シーズン 内容 場所 キーワード



秋の園芸プラン(2)挿し木と株分け


花木や草花にとって秋は植え替えの季節です。多年草は1〜2年経つと鉢の中がいっぱいになるので鉢の植え替えと同時に、挿し木や株分けをしてください。挿し木は新芽や茎、葉を切り取って、清潔な新しい土に挿します。市販の挿し木用ポットを使うと簡単です。肥料はいりません。また、株分けは文字通り株を分けて、殖やします。時期は、挿し木が9月中、株分けは種類によりますが花のさいた後に行います。

宿根草のシャクヤクやシバザクラ、シャスターデージーなども、この時期に株分けして植え替えを済ませましょう。種類別に場所をかえて、堆肥を十分に施します。また、一本ずつ分けず、三芽一株ぐらいに分けて、古い根は除くこと、若々しい苗を使いましょう。シバザクラを例にあげますと花壇植えなら、まず20〜30cmくらい土を掘り起こします。そこに消石灰をまき、元肥(もとごえ)として堆肥や化成肥料を加えよく混ぜて整地しておきます。苗は元気のよい苗を2〜3本ずつ株分けをし、15cm間隔で伏せ込むように浅く植えて軽く押さえておきます。その上から水を十分に与えれば完了です。

また球根や種まきのための土作りを始めましょう。雨が降った後などに水がたまらないよう水はけをよくすることが大切です。ポイントは花壇を周囲より高くすること。さらに、砂やもみがらを混ぜると効果があります。ふわっとして、かたく締まらない土がベストです。庭の中でも日当たりのよい場所を掘り起こし元肥(もとごえ)に油かすなどの有機肥料を混ぜて良くなじませておけば準備OKです。

シャクヤクデージー


サイトマッププライバシーポリシーご利用条件 copyright (c)AYAHADIO 2003