ホームセンター AYAHADIO 人と生活の中に top
人と生活の中に
ストアインフォメーション 住まいのサービス アヤカカード ライフアップガイド 会社案内
ネットショッピングはこちら > 本店 楽天市場店 Yahoo!店

ライフアップガイド HOW TO 百科 暮らしのワンポイントアドバイス

暮らしのワンポイントアドバイス

シーズン 内容 場所 キーワード



猫の日にちなんで(3)おでかけ注意事項


さて、愛猫を連れて旅行などお出かけする機会も多いと思います。そんな時、人間の都合で、猫に過度のストレスをかけないように細心の注意を払いましょう。公共の乗り物を使う場合は、ラッシュアワーを避けましょう。もし、鳴きやまない時などは、一度乗り物から降り、休憩をとって様子を見てみましょう。バスやタクシーの場合、たいてい無料のところが多いのですが、乗車の時に、ひと声かけておけば問題ないでしょう。 電車で移動する時、JRの場合はキャリーバッグの大きさによって値段が変わります。ちなみに長さ70cm以内、縦、横、高さの合計が90cm以内、猫とバッグを合わせた重さが10kg以内なら270円です。私鉄の場合は、会社によって違いますので、問い合わせてみて下さい。 飛行機の場合は、超過手荷物扱いになるため、貨物室の動物専用の場所に入れられます。当日、搭乗手続きの際に申し出ましょう。

いずれにしても、おでかけの際には専用のキャリーバックが必要です。ファッション性・機能性に優れたものが大小ありますので、猫の大きさに合わせてお選びください。

宿泊先での過ごさせ方ですが、館内の移動時にキャリーバッグが必要なのかどうか、宿のマナーを確認しておきましょう。 リードをつけて外を歩かせる時には、ダニやノミがつかないように注意が必要です。車や宿に戻ったら、念入りに手入れをしてあげましょう。

どうしても一緒に行けない時は留守番をさせます。1泊か2泊の外出なら、それほど心配しなくても猫は案外平気なものです。 食事は自動給餌器に腐りにくいドライフードを用意し、水は大きなボールに、たっぷりと入れておきます。清潔好きの猫は、トイレが汚くなると、そそうをしてしまうことがあります。ふだん使っているトイレの他に、予備のものも準備しましょう。冬場の寒さは、毛布などを準備しておけば大丈夫です。3日以上の外出なら、知人に預かってもらい、普段から使用しているトイレ・食器・毛布なども一緒に預けるのがポイントです。

アヤハディオ ペットクラブ




サイトマッププライバシーポリシーご利用条件 copyright (c)AYAHADIO 2003