ホームセンター AYAHADIO 人と生活の中に top
人と生活の中に
ストアインフォメーション 住まいのサービス アヤカカード ライフアップガイド 会社案内
ネットショッピングはこちら > 本店 楽天市場店 Yahoo!店

ライフアップガイド HOW TO 百科 暮らしのワンポイントアドバイス

暮らしのワンポイントアドバイス

シーズン 内容 場所 キーワード



冬の結露対策(3)マンションの結露対策


一般に、マンションは一戸建てより高い気密性を持っています。以前、木造住宅に住んでいた人が高気密であることを認識しないままマンションに住み、木造住宅と同じ暮らし方をするために結露を発生させているケースをよく聞きます。実際、マンションは、換気がしにくい、空気が入れ替わりにくい、水蒸気を逃がしにくいといった性質があるため、マンションに適した生活の工夫が必要なのです。とくに、押入れやクローゼットは、換気をしても空気の入れ換えが少ないため、水蒸気を滞留させる場になりがちです。晴れた日には時々、押入れやクローゼットの扉を開け、その中の空気を入れ換えましょう。締め切ったままだと、結露も発見できずなにか湿っぽい、かび臭いという現象になって初めて気づく場合があります。

また、やかんでお湯を沸かしたり、洗濯物を干したりするときには必ず換気扇を併用しましょう。もちろん、窓を少し開け、吸気口を造っておくことが大切です。洗濯物を干すのは浴室で浴室換気扇を回しながら干すのがベストです。窓側のリビングで多少の日差しを浴びさせて干すのであれば、LDKの換気扇を回すのが鉄則です。水蒸気の発生源と換気扇が遠くなればなるほど、結露の原因を作ってしまいます。なるべく近くで換気扇を回すようにするとよいでしょう。マンションでは、就寝中以外は浴室か台所の換気扇を常に回しておくことが、結露を防ぐ一つの方法です。

また、ストーブを使っているときや止めてからしばらくの間は、換気扇を回すことによって結露防止が出来ます。しかし北向きの部屋の場合、ほとんどのマンションに換気扇はついていないので結露が発生する場合は、電気式暖房に変えるか、窓用換気扇を取り付けましょう。



サイトマッププライバシーポリシーご利用条件 copyright (c)AYAHADIO 2003