ホームセンター AYAHADIO 人と生活の中に top
人と生活の中に
ストアインフォメーション 住まいのサービス アヤカカード ライフアップガイド 会社案内
ネットショッピングはこちら > 本店 楽天市場店 Yahoo!店

ライフアップガイド HOW TO 百科 暮らしのワンポイントアドバイス

暮らしのワンポイントアドバイス

シーズン 内容 場所 キーワード



冬の結露対策(2)結露を減らす方法


さて、結露を減らす方法について考えてみましょう。結露を少しでも少なくするには、第一に湿度を上げないことです。冬は乾燥していると思いがちですが、結露するのは湿度が高い証拠です。できるだけ水蒸気が発生しないようにしましょう。たとえば、浴槽の水はためておかない、植木鉢の水受け皿に水をたまりっぱなしにしないなどの注意をしてください。室内で洗濯物を干す場合は、結露になりやすいので、とくに注意が必要です。部屋に除湿機をセットし水分を取りながら、乾いた空気を洗濯物に当てると結露防止になります。

また、反射式や対流式のガス・灯油のストーブは燃焼するときに水蒸気を発生します。一方、エアコンや電気ストーブ、電気ファンヒーターならば、室内に水蒸気を放出しません。2つ目の注意点としては暖房する場合にも室内の温度を上げすぎないことがポイントです。温度が高くなると、それだけ空気中に含まれる水蒸気が多くなるからです。一日の生活リズムの中で、気温が下がるのは夜明け前です。日本では、夜寝るときは暖房を止める家庭が多いですから、室内の温度も一緒に急激に下がり、寝る前に、室内にたまった水蒸気が冷えて、結露になりやすいのです。その上、湿気はわずかなすきまからでも入り込む性質があり、押入れ内や家具の裏などで、結露を発生させたりしてカビの原因となります。カビを発生させないためには、こまめに乾いた布などでふき取り、結露はなるべく放置させないようにしましょう。

3つ目の注意点として換気をよくしましょう。生活していれば水蒸気の発生は避けられません。そこで湿気をなるべく外に出すことも大切なポイントです。調理のとき、入浴後などに必ず換気扇を回しましょう。湿気を屋外へ排出することがいちばんです。部屋もときどき窓を開けて乾燥した空気を室内に入れるようにしてください。そして4つ目は、通気をよくすることです。空気の流れが悪いところには水蒸気もたまりやすいので流れをよくする工夫をしましょう。



サイトマッププライバシーポリシーご利用条件 copyright (c)AYAHADIO 2003