ホームセンター AYAHADIO 人と生活の中に top
人と生活の中に
ストアインフォメーション 住まいのサービス アヤカカード ライフアップガイド 会社案内
ネットショッピングはこちら > 本店 楽天市場店 Yahoo!店

ライフアップガイド HOW TO 百科 暮らしのワンポイントアドバイス

暮らしのワンポイントアドバイス

シーズン 内容 場所 キーワード



シンビジュームの管理(3)室内管理の注意点


マンションやアパートなど都市型の居住空間の場合、日の十分に当たる庭や温度管理のできる温室が持てないのはハンディですが、暖房設備の進歩にともなって温度を一定に保て冬越しが容易になりました。シンビジュームは開花後、日光はそれほど必要ないので玄関先などのあまり空調の効きすぎないところに置くとよいでしょう。ストーブや温風ヒーターの吹き出し口の前などは、高温と乾燥でせっかくの蕾が、黄色くなり落ちることがあるので、直接あたらないようにしましょう。

冬の管理の中で最も難しいのが水やりといわれます。厳寒の間の生育温度との関係で水やりの回数を調整しなければなりません。水やりは植え込み材料の表面が乾いたら、暖かい日の午前中にたっぷりとあたえましょう。目安としては、2〜5日に一回程度です。蕾が開花するときは湿度も必要ですので、霧吹きで葉や蕾に吹き付けてやると良いでしょう。葉が伸びすぎて、だらしなく垂れるようでは日照不足です。一週間に1、2回くらいはガラス越しの日光に半日ぐらい当てるようにしましょう。

冬の間は、株はほとんど活動していません。根を傷め、株を枯らす原因となるため、肥料はまったく与えてはいけません。シンビジュームは寒さに強く、花もちがいいので、天気の良い日中はベランダにだしても大丈夫です。ただし、あまり昼と夜の温度差がありすぎると、つぼみが落ちてしまうので、温度差は10〜15度に保ちましょう。 洋ランはほかの植物に比べて比較的丈夫で病気にはかかりにくいものですが、栽培環境や管理の仕方では病気や害虫の被害が出ることもあります。定期的に薬剤を散布し、清潔な環境をつくりましょう。



サイトマッププライバシーポリシーご利用条件 copyright (c)AYAHADIO 2003